現在のページ:

  • 松原産業の歩み
  • 創業期(創業〜昭和20年代)
  • 発展期(昭和30年代〜)
  • 平成、そして未来へ

創業期〜昭和20年代

松原組の誕生とその軌跡

当社の初代会長である松原外次郎が、富山県より北海道へと渡ってきたのは明治40年(1907)18歳の時。まもなく、北海道炭鉱汽船から土地の管理と抗木造材の仕事を頼まれ、当社の木材業がスタートした。外次郎は3人の男の子に恵まれ、やがて息子たちによって事業が引き継がれていくこととなる。
昭和6年(1931)、後に初代社長となる長男武吉が、松原組として木材業の営業を開始。
昭和10年(1935)には松原造材部を設立し事業を尚一層拡大。その2年後には継立にて広西木工場引継ぎ製材工場をスタート、さらに4年後には端野出張所を開設して造材事業を開始。
昭和16年(1941)には栗山に新事務所を設置、翌年には栗山市街にグライダー製作工場も建設。そして武吉は木材協会の理事に就任、次男東一郎は継立木工場の工場長に、三男喜一郎はグライダー工場を担当した。
昭和18年(1943)10月には松原組の武吉他17名が南方開発を目指してボルネオ出発。しかし、昭和20年(1941)8月15日、太平洋戦争は終止符が打たれ、武吉らは2年半余りの長く苛酷なボルネオ開発から帰還した。

松原組の誕生とその軌跡写真1松原組の誕生とその軌跡写真2

個人企業から株式会社へ

日本は敗戦国となったわけだが、戦後の復興に際し松原組の仕事は目白押しであった。こうした経緯から昭和23年(1948)4月、資本金18万5千円、東京都中央区京橋に本社を置く松原産業株式会社を設立。会社を代表すべき取締役にはもちろん武吉が就任。
当時は、まず山を買い、必要な材料は伐採、残木はそのまま育林、伐採後は植林というように現松原産業の原点ともいえる事業内容であった。
流に乗ったかに見えたのだが、昭和24年(1949)思わぬところで大きな躓きを経験。4千万円の約束手形が不渡りとなったのである。北海道拓殖銀行本店審査部計らいで倒産は免れたものの、4千万円の返済負債と3千万円の借入金を背負い込み、そして、借入金返済のため80人にも及ぶ社員従業員の人員整理、さらに給料のダウンを断行した。
しかし、昭和25年(1950)に朝鮮戦争が勃発、アメリカ進駐軍物資の特需が日本にもたらされた。沈みかけていた日本経済はこの特需景気により息を吹き返し、松原産業も一時整理をした社員や従業員のほとんどが職場に復帰、生産性や合理性を活かした工場経営を展開した。
これにより、昭和30年(1955)には北海道拓殖銀行からの借入金を無事返済することができた。

個人企業から株式会社へ写真1個人企業から株式会社へ写真2